生命保険を考える - 生命保険は自分の為じゃない

生命保険は自分の為じゃない

人は生きている限り生活や活動をすることができます。 しかし、病気や事故で死んでしまうと命を取り戻すことは二度とすることができません。 生命保険に加入をしない多くの人は、自分が死んだら保障を受けることができないから、加入する必要はないと思っています。 保険金を受け取ることができないなら、生命保険に加入する意味がない。

では、なぜ生命保険に加入をするのでしょうか?? それは、自分が亡くなったあとでも家族に最低限の生活を残す為です。もし自分が世帯主であれば、妻や子供の為。 子供だったら、両親や兄弟の為。住宅ローン返済もあるでしょう。 会社を経営している社長の場合は、従業員のみんなや顧客の為。生命保険は、自分以外の人への思いやりの気持ちです。 その為に、他の保険とは少し意味合いが違っているのです。

そして、生命保険に加入をする場合に1つだけ考えてください。 もし自分が亡くなったときに、周りの人がお金で困らないのはどのくらいの金額なのか。 これを考えることで、周りの人への配慮や思いやりの気持ちを伝えることができます。

生命保険は加入者にとって、メリットはありませんが周りの人の思うことができます。 普段の生活でお世話になっている人、子供の教育費など自分がいなくなった後のことを考えてみるといいでしょう。

 

[注目サイト]
生命保険の見直しをお考えの方におすすめのサイトです・・・保険 見直し
自転車に乗るご家族がいる方は検討してみてはいかがでしょうか・・・自転車保険 おすすめ